2017年3月20日月曜日

滑舌をよくする方法

ハキハキとしだ話し方は好感を持たれます。

一方で「滑舌がよくなくて」という悩みも聞きます。

滑舌とは何か、どううすれば、なめらかに発声できるようになるのでしょうか?

声は、喉近くの声帯が震えることによって発声します。

最初は単なる音だが、舌の形を変えたり動かしたりして「加工」することで様々な発音になるのです。

例えば、「か」と発音する時は、舌の根もとで上あごをはじく動きをする。
「い」は、唇の両端の口角を上げて、ほおの筋肉を上げないと、はっきり発音できないのです。

「滑舌」とは、主に舌がスムーズに動くことです。
ほかに唇周辺の筋肉なども関係してくる、と専門家は説明しています。

滑舌が悪くなる原因はいくつかあります。

一つは唾液の分泌の減少です。

舌は唾液を潤滑油にして動く。緊張したり、ストレスがあったりすると、唾液が滅少して口が渇き、舌を動かしづらくなるのです。

睡眠藁などの服用でも唾液が少なくなることがあります。
 
また、舌や口周辺の筋力の低下も原因の一つです。

特に高齢者は加齢に伴い筋力が低下します。軟らかいものを多く食べたり、退職して人と話さなくなったりするごとで、ますます筋力が衰えるのです。
 
「最近は、若い人も筋力が低下していると考えられる。軟らかいものを好み、かむ時間が減少している。一人で食事をしたり、SNS(ソーシャルーネットワーモングーサービス)が広がったりして、話す機会が少なくなっていることも影響しているのでは」

と専門家は指摘しています。

また、歯並びも大切です。
歯が抜けていたりすると、かみづらくなって、軟らかいものを食べがちになるのです。

口周辺を動かす機会が減って、舌などがうまく動かなくなりやすいのです。

専門家は
「話すことによって、筋肉を使い続けることが、滑舌を維持するのに大切だ。
口の機能が低下すると、食事に影響し、身体機能の低下にもつながる」
と指摘しています。
 
また、滑舌の悪さは、脳血管障害など、病気が原因のことがあります。

急に食べづらくなったり、話しづらくなったりしたら、歯科などで診察を受けることが必要です。

関連参照:



2017年3月10日金曜日

たんぱく質が不足すると…

たんぱく質が不足すると、こういうことが起きる、
という話です。

ふつう、低栄養かどうかは、血液中の「アルブミン」という成分の量で判断されます。

普通の健康診断でわかります。

アルブミンはたんぱく質の一種で、血液中(血しょう)のたんぱく質の約6割を占めています。

つまり、低栄養とは、たんぱく賀不足のことなのです。

たんぱく質は、赤血球や血管、筋肉など、体のさまざまな組織をつくる材料です。

不足すると、貧血になりやすくなるだけでなく、血管がもろくなり、脳で破れて脳出血を起こすことも……。

また、免疫細胞の働きも弱まるため、肺炎や結核になるリスクも上昇します。

さらに、筋力が落ちて転倒しやすくなり、結果的に骨折しがちになります。

重篤な病気につながる可能性の高い低栄養が、ある食事の傾向を持つ人々を中心に、近年、増えてきているのです、

脳出血栄養不足などにより、脳の血管が破れやすくなる病気です。

栄養失調の人が多数いた戦後は患者数が多かった病気ですが、食生活の変化とともに減少してきました。

その代わりに増えてきたのが脳こうそく

血液中の糖や脂質が増えて脳の血管がつまる病気で、栄養失調とは逆の栄養過多が原因とも言われています。
 
ところがここ数年、脳出血による死者も再び増加傾向にあります。

その原因が、実は、現代の栄養失調「低栄養」が一因と考えられているのです。


関連参照:
血清アルブミン値を上げるには



2017年3月1日水曜日

足のトラブルは複合的に起こりやすい


足のトラブルは、単独に起こることはめったにありません。

複数のトラブルを併発していることがほとんどです。

 
例えば、外反母趾のある人は、ほぼ100%、開張足があります。

それに加えて、内反母趾(足の第5指《小指)が第1指側に変形している状態)やハンマートウ(第1指以外の指の骨が「く」の字状に曲がって固まった状態)、巻き爪や、タコ、ウオノメといったトラブルを併発することが珍しくないのです。


足のトラブルは大きく次の3つに分かれます

>骨の変形によって起こる病変(開張足、扁平足、外反母趾、内反小趾など)
>爪に起こる病変(巻き爪、陥入爪、肥厚爪、爪白癬など)
>皮膚に起こる病変(タコ、ウオノメ、水虫など)
 
また、骨に変形があると爪や皮膚の病気を合併しやすくなります。
 
例えば、外反母趾になると、指どうしが当たったり、重なったりします。

すると重なった指の爪が押されて巻き爪や肥厚爪(爪が上に重なって厚くなる状態)になったり、
靴に強く当たるところや、すれるところにタコやウオノメかできたりします。

フットケア外来に来られる巻き爪の患者さんを調べたところ、60%に外反母趾があり、98%に開張足がありました。

開張足は病気とはいえませんが、外反母趾や内反小趾のきっかけになる足病変とされています。
 
もちろん、単独で起こる病気もあります。

水虫のような感染症や、単純に靴にすれることで起こるタコウオノメ、爪の切り方に問題がある巻き爪などです。

それらは、単独で起こっているうちなら、適切に対処すれば比較的早く治ります。

女性は開張足になりやすいので、誰でも外反母趾になる素地を持っているといえます。

外反母趾があると、巻き爪になったり、その巻いた爪が皮膚に食い込んで炎症が起こったりしてきます。
 
さらに、足の第1指の外側にタコができて痛がったり、内反小趾を起こしていたり、と症状が2つ、3つと重なることがあります。
 
このように骨の変形をきっかけとして、爪や皮膚にトラブルが重複的に起こりえるのです。


関連参照:
だから、歩くのがいい。

中高年からの筋肉作り  
つまらんことでしょうか
人気ブログランキングへ

2017年2月20日月曜日

飲む点滴「甘酒」が人気

正月やひな祭りなど祭事の時に飲む印象のある甘酒がなぜか日本で人気で、いまや年間を通じて飲まれるようになってきている。

甘酒は、米飯と米こうじ、水を混ぜて保温し、米のでんぷんを糖化させて造る。

アルコールをほとんど含ます、甘いのが特徴だ。酒かすや砂糖を使う場合もある。

森永製菓が販売する「甘酒」の売り上げは、2010年との比較で15年が1.8倍、16年は2.8倍にまで伸びたという。

同社マーケティング本部は
「発酵食品の酒かすと米こうじが原料で、ビタミンやアミノ酸を多く含む健康的な飲料として見直された。生活に取り入れる人も増えたようだ。日本版飲むヨーグルトとも言われる」

「大学との共同研究で、継続的な飲用により、目の下のくまの改善につながったなどの結果も出ている」

と話している。

購買者の大半は女性で、中高年層から若年層へと広がり、行事だけでなく、日常的な飲み物になってきている。

従来品はわずかにアルコール分が含まれるが、この1月にアルコールゼロの「森永のやさしい米麹甘酒」を新発売している。

東京や札幌など全国6か所に店舗を持つパンケーキショップ「ペリーファンシー」で、
生地に甘酒を入れたパンケーキなどを提供、若者へのアピールに力を入れる。

一方、みそメーカーのマルコメは、
酒かすと砂糖を使わず、ノンアルコールにこだわった甘酒に力を入れている。

2014年に販売を始め、昨年はショウガや豆乳をブレンドした商品も開発し、今春にはアウトドアにも携帯できるゼリー状の商品も予定しているという。
 
大型雑貨店の東急ハンズ銀座店は2月14日までの予定で特集コーナーなども設けている。
 

発酵食の研究や普及を行う日本発酵文化協会は、

「甘酒は栄養価が高く、『飲む点滴』などとも呼ばれる。好みの果物を混ぜたり、ジュースで割ってスムージー風にしてもおいしいですよ」

と勧めている。

関連参照:

中高年からの筋肉作り  
つまらんことでしょうか



2017年2月10日金曜日

二足歩行は,とても難しい

この地球上に、常時2本足で立って歩く動物は人間のほかにはいません。

二足歩行は、生物の歴史のうえでは進化かもしれませんが、そのことで人間はほかの哺乳類にはない負荷を負うようになりました。

足のトラブルも、その1つです。

そもそも二足歩行は、とても難しい行為です。

4本の足で支えていたものを、細い2本の足だけで支えるのですから、姿勢は不安定になり、足にかかる負担も大きくなります。

人間のは、ほかの動物よりもずっと重く、体重の13~15%もあるといわれています。

例えば、体重50キロの人なら、6~8キロほどあります。

ポーリングの球が、常時首の上に乗っていると考えてください。

首や背骨、胴体、それを支える足にかかる負担は相当なものです。
 
また、内臓はすべて背骨の前側にあります。

これも、4足歩行に都合がいいつくりです。

高齢になると、姿勢がだんだん前屈みになってしまうのも、骨や筋肉が弱くなって、重い頭や内臓を支えられなくなることか大きな要因だと思います。
 
足は小さく、2つしかありませんが、人間の全体重を支えています。

そういう役目を与えられた足は、たとえ小さくても、本来とても強い部位なのだと思いませんか。



関連参照:

だから、歩くのがいい。 

中高年からの筋肉作り  
つまらんことでしょうか


2017年1月29日日曜日

拡大する薬剤耐性に注意!

近年、抗生物質をはじめとする抗菌薬が効かなくなる
「薬剤耐性」が世界中で拡大しています。

薬剤耐性とは、細菌が抗菌薬に対して耐性をもってしまい、抗菌薬が効きにくくなることです。

微生物からつくられた抗生物質や人工的につくられた化学物質を総称して「抗菌薬」と言います。
 
抗菌薬によって、細菌による多くの感染症の治療が可能になりましたが、
1980年以降、耐性菌が世界中で増えています。

耐性菌が増えると、抗菌薬が効かなくなるため、従来の治療で回復できた感染症の治療が難しくなり、流行や重症化のリスクが高まります。

さらには死亡に至ることもあります。
特に、乳幼児や妊婦、高齢者など、能力の弱い人は重症化しやすく非常に危険です。
 
現在、さまざまな種類の耐性菌が確認されており、
今後も抗菌薬の効かない感染症が増加することが予測されます。

このため、薬剤耐性が広がり続ければ、感染症の流行や重症化への対策が難しくなります。
 
薬剤耐性が拡大した原因の一つとして、抗菌薬の不適切な使用が挙げられています。

例えば、風邪をひいた時、抗菌薬をもらいに病院へ行った経験はないでしょうか。

しかし、抗菌薬は細菌を死滅させるための物なので、ほとんどの風邪には効果がありません。

風邪の多くは抗ウイルス薬などを使用するのが効果的です。

もちろん、風邪で体の抵抗力が弱っているときに細菌の感染予防として、医師から抗菌薬を処方される場合があります。

しかし、必要のない抗菌薬を使用すれば、耐性菌が出現する可能性が高くなります。

また、処方された抗菌薬を途中でやめるなど不適切に使用すると、細菌が生き残ってしまい、その中から耐性菌が出現することもあります。

そして、耐性菌が周囲の人に感染することで、薬剤耐性が広がっていくのです。
 
薬剤耐性の拡大を防ぐためには、抗菌薬を適切に使用することが重要なのです。

医師から指示された薬を症状が軽くなったからといって、
途中でやめたり、回数を減らすなどして使用したりすると、耐性菌を増やす原因となるため絶対にやめましよう。

医師や薬剤師の指示を守って、必要な場合に、適切な量を適切な期間、使用をこころがけることが大事です。
 
また、以前に処方された抗菌薬が残っていても、それを自己判断で飲まないようにしましょう。

似たような病気の症状でも、原因となる細菌が異なったりすると、耐性菌が出現する可能性があるからです。
 
さらに日ごろから、健康に気を付けることも大切です。

手洗いやうがい、マスクを着用するなど、感染症を予防していれば抗菌薬を使用する機会も少なくなります。
 
薬剤耐性をこれ以上広げないためにも、抗菌薬に対する正しい知識を持ち、適切に使用しましょう。

抗菌薬の使用などについて分からないことがあれば、かかりつけの医師や薬剤師に相談するなどするようにしましょう。

2017年1月21日土曜日

かさつき・ひび割れ


ある調査によると、一般的な足の悩みで最も多かったのが、かかとの荒れといわれています。

かさつき・ひび割れなどで、乾燥する冬場は特に気になると思いますが、根本的には別の要因であることがあります。

それは立っている時に、かかとに体重がかかり過ぎて、角質が厚くなっていることから生じていることが多いのです。

このような「かかと体重」の状態は、さまざまな足のトラブルの要因にもなります。

人間は、体重を足裏のわずかな面積で支えるために、足の骨が前後左右にアーチ状になっています。

ところか、指先に重心を移動できないと、足指が使えない不安定な状態になっているのです。

足指が地面に着いていない「浮き指」と呼ばれる変形が起きます。 

主な原因は、運動不足による足裏の筋肉や足指の関節の衰え、骨盤や膝関節のゆがみ等で
足の向きが偏っていることが考えられるのです。

足には、歩くたびに血液の循環を促す「ポンプ機能」がありますが、浮き指だと正常に機能せず、足の「むくみ」「疲れ」「冷え」などにつながりやすくなるのです。


関連参照:

「冷え」は大問題  

中高年からの筋肉作り  
つまらんことでしょうか